数日前のこと。
家族旅行に向かうため電車に乗車し席に座ると
娘はすぐに私の膝に頭をつけて寝始めました。
それから20分くらい経った頃でしょうか、
突然娘が痙攣をお越し私の膝から崩れ落ちていきました。

次の駅ですぐに降り、
ホームに意識を失った娘を横にして
私と妻で何度も名前を呼びましたが、
娘の反応はありませんでした。
その後、娘は嘔吐して痙攣はおさまりましたが、
意識はないまま。
周りはどうして良いものかとただただこちらを眺めているだけでしたが、
一人の女性の方が駅員を呼んでくださり、
その駅員が救急車を呼び娘は救急センターのある
大きな病院に連れて行かれました。

病院に入ってすぐに意識が回復し、
脳の検査を受けましたが異常はありませんでした。
その後点滴をし、
時間はかかったもののその日の内に帰宅することができました。

あまりにも突然のこと過ぎて
今でもショックは抜けていません。
在来線で意識を失った娘でしたが、
次に乗る新幹線の中でもし同じような状態になっていたらと考えますと・・・
娘の死を初めて感じ、
恐怖と自分の無力さと命の儚さと尊さを感じています。

あれから数日が経ち、
娘は何事もなかったかのようにケロッとしています。
本日は原宿へ行き、
娘と買い物をして過ごしました。
安いものとは言え、
ついつい何でも買ってあげてしまいました。

娘を、日常を今まで以上に大切に感じるとともに、
もっと大切にしたいです。