けん玉日記

日々の活動やスケジュールを掲載します

 想 い
けん玉師 伊藤佑介

「会社に就職してけん玉を続ける」

小学校の卒業アルバムに書いた夢でした。
「けん玉を職業にする」そんな現実離れした発想は
幼い頃の私には些かもありませんでした。

しかし、人生の岐路に立ったとき一貫してけん玉を選択してきた結果、
必然的に「けん玉師」という職業にたどり着きました。

沖縄の与那国島に住む母はけん玉を職業にした私の将来を心配し
「息子は将来、けん玉を続けていますか」と
ユタに占ってもらったことがありました。
そして、その答えは…

「けん玉しかやっていない」

たかがけん玉ではございますが
私の一生を通してけん玉の技・楽しさを追求し、
またそれを皆様に伝えていくことができましたら幸いです。